上野クリニックとABCクリニックどちらを選ぶべきか?

仮性包茎治療を受ける際に、最後に迷ったのが「上野クリニック」「ABCクリニック」どちらを選ぶべきかということでした。

私は結局「上野クリニック」を選び、結果としても満足いく仕上がりとなりました。選んだ理由としては下記を見ていただければ分かると思います。

ABCクリニックと上野クリニックは基本手術の料金設定は「ほぼ同じ」なのですが、唯一違うのは「吸収糸」使用の有無です。

包茎手術では抜糸が意外と痛いと聞いていたこともあり「吸収糸」使用込みで総額10万円の上野クリニックにしました。

※ABCクリニックは3万円のCSカット(機械式クランプ)があるのですが評判が悪かったので比較対象にいれていません

ABCクリニックではなく上野クリニックを選んだ理由

上野クリニックと言えば、CMでも有名だったり、世間一般の認知度も高い包茎クリニックです。

そこで、今回は私が実際に他のクリニックと比較した内容、無料診断でのやり取りなどを踏まえながら、本当に評判の悪いクリニックなのか検証していきたいと思います。

上野クリニックの基本情報をおさらい

包茎クリニックとしては認知度も高い上野クリニックですが、分析のために、基本的な情報を見ていきたいと思います。

上野クリニックの特徴
・年間治療実績11,050人
・丁寧な手作業による施術
・1998年創業で17年間の運営実績

最安価格で有名なABCクリニックと比べても、手作業での手術にこだわりがあったり、創業17年と包茎クリニックとしては老舗のようです。

一見、優良なクリニックに見えますが、一体なぜ悪評が囁かれたり、ぼったくりなどとぼろ糞に言われているのでしょうか?2chなどの評判、私自身が無料診断に行ってみたりしたヒントから悪評の原因を探っていきたいと思います。

治療実績人数が少なく単価アップのためのオプション商法が横行?

上野クリニックで気になる点が、展開するクリニック数に対して、包茎手術事例が少なすぎるのではないか?という疑惑です。

年間実績は2014年で、約11,000人なのですが、上野クリニックには全国14店舗あり、年間でいうと各医院で780人です。

つまり、年間365日なので、1日当たり2人のみの手術事例があるということになります。

もしも、1人当たり上野クリニックのホームページに記載の通り、基本料金の7万円で手術が受けられるのであれば、1日14万円(7万円×2人)の収入です。

これだけ見ると結構儲かっているように見えますが、クリニック運営においては医師への給与、スタッフの人件費がかかってきており、普通の病院で1日20万円の収入があるというのが収益のバランスラインと言われています。

さらにCM宣伝費用なども掛かっていますので、通常の病院以上に収益ラインが上がっているはずです。つまり、通常の手術だけでは、儲かるクリニックにはならないはずなのです。

患者の数は1日2人平均というのは固定なので、利益を出す体質にするには、オプションなどを追加してもらって単価をアップさせるしか方法がありません。

そのことが端的にわかるのが、上野クリニックの基本手術は下記のように、縫合糸がナイロン糸で痛みのない吸収糸を使用するのに3万円の追加費用が必要なことです。

ほかにも、いくつかの料金が設定されていて2chでもあったのが、ヒアルロン酸の注入などで10万円~30万円の追加オプションです。

仮に、タイプ2の15万円のヒアルロン酸と、吸収糸を毎回手術の患者に進めることができた場合、+18万円の追加オプション収入が入ります。

1人当たり単価は、25万円(基本料金7万円+吸収糸3万円+ヒアルロン酸15万円)となり、1日当たりの収入は50万円と収益ラインを大幅に上回ります。

これでようやくCM分も取り返せたといったところになるのかもしれません。つまり、数字の中での創造の範囲ですが、数字だけを考えると運営のために単価アップをする必要があり、オプション勧誘が強く行われた人が多いため、ぼったくりや悪い評判の噂が立っているのかもしれないということです。

手作業という謳い文句にプレミアムを付けすぎている?

上野クリニックでは手作業での手術をしているという点を、一つの売りにしています。

しかし、実は大手のクリニックはほぼすべて手作業による手術を行っています。ABCクリニックが格安3万円の手術の際は、クランプ式といってコーン上の器具を使った手術方式を取り入れているとはいえ、他の東京ノーストクリニックや本田クリニック、中央クリニックなどもすべて手作業です。

つまり、ほぼすべてのクリニックが手作業で手術している以上、特にうたい文句になるような特徴ではないのです。

実際に、色々見ていくとわかるのですが、上野クリニックはCMで有名なこと以外に強みになるような特徴がないんです。

つまり、知名度だけで集客して、実際に強みのない手術内容で、オプションだけ値段が高かったら、ぼったくりまでとはいかないとは思いますが、悪い評価はついてしまうのかもしれません。

運営実績が長く他のクリニックよりも敵が多い

運営実績は17年間というのは、2005年以降に創業したクリニックが多い中で、かなりの老舗といえます。

そうすると、実際に手術を受けた患者も毎年1万人近く増えるわけなので、それだけ悪評を立てられるリスクも増えるわけです。

1万人×17年間で17万人近くの包茎手術を受けたユーザーがいるわけですから、失敗を恨みにもってネット上に悪い評判を書いて回る人もいると思います。特に、オプションで何10万円も払った人で失敗された人、後で色々調べたら意味の感じないオプションだったと不満に思う人は多いはずです。

運営実績が長い=悪評が立ちやすいというわけではありません。無理な営業を何十年もしてきた結果、悪い印象を持ってしまったユーザーが増えて、ネット上でもぼろくそに言われているのかもしれません。

ステマサイトについて

また、もう一つのぼったくりなどと言われる原因の一つにステマサイトの存在があるのではないか?と思います。下記の理由から、ステマサイトの問題点を説明します。

ステマサイトの特徴
・20万円~50万円近く払って手術を受けている
・やたらと上野クリニックをほめちぎる
・どのクリニックも素晴らしいと書いてある

正直言って実際に包茎手術を受けたユーザーの目線から言って、包茎クリニックに何十万円も払うのはばかげていると思っています。なのに、喜んで自分が何十万円も払った体験を記事にして、上野クリニックのステマをしているんです。

論理的な理由で、上野クリニックはこのように優れています、というのはわかるのですが、包茎手術は一生ものの手術だから、技術力に評判の高い上野クリニックで手術を受けました。少し高かったけど(40万円くらい)、一生もののなので満足です。ありがとうございます!

といった内容のサイトが多いように思います。それを読んで、包茎手術だけで何十万円も取るクリニックなのか?とか悪評が立つのです。

客観的にクリニックを見極める方法

このように、上野クリニックにぼったくりなどの評判がついてしまうのには、もしかすると様々な理由があるのだと思います。

すべてが真実かどうかはホームページの内容などを見る限り、憶測でしかありませんが、少なくともある程度クリニックの提供しているサービスを見ていけば、信頼に当たるクリニックかどうかはわかるはずです。

実際に私がクリニックを見極めた際には下記の2つの項目で実際に自分で判断しました。

信頼できるクリニックの見極め方
・基本料金での手術のみで十分に包茎治療をしてくれるクリニック
・カウンセリングでオプションの勧誘のないクリニック

やはりクリニックは、利益を求めてしまいがちです。一方で包茎手術自体は、術式や方法で難易度が大して変わらないため、本来であれば一律料金で実施できるため、基本料金以上に費用は掛からないはずです。

基本料金で、環状切開術など安全性の高い術式を採用、また痛みの負担の少ない吸収糸の使用をオプション追加なしで行っているクリニックにお願いするのが一番です。

もちろん、無料カウンセリングでクリニックの利益アップのためにオプション勧誘をしてこないのも条件に入れておくべきです。

基本料金での手術内容の比較は、こちらのエントリ()で詳細に上野クリニックも含めて比較しています。

最後に本当にぼったくりではないか上野クリニックに診断に行ってみました

ここまで説明して実際に上野クリニックではどのような診断がおこなれているのか?実際に無料診断に行った時の感想を記載しておこうと思います。

ちなみに、無料カウセリングは、事前にインターネットから予約を申し込むと電話をかけてくれるので、そこで訪問日を決めれば大丈夫です。

手術を受けないにしても若干感じる不安

正直行く前は、ホームページの情報や、2chの情報などを読んでいたので、どんな勧誘をされるのか不安で一杯の私でした。

しかし実際は非常にプロフェッショナルな対応で、その日に手術を決めるようにやたらプレッシャーをかけてきたりはしませんでしたが、オプションの勧誘についてはありました。

ヒアルロン酸などで見積もりとしては、このサイトのトップページにも書いてありますが、見積もりの合計で40万円程度でした。

とはいえ、上野クリニックの良い点は全て見積もりの段階でお金の話をしてくれる上、いくつか回ってみて比較してからクリニックを決めようと思うと言ったら問題なく返してくれました。

無料カウセリングの内容で説明してくれた内容

念のため、無料カウンセリングに行ったので、話した内容をまとめておきたいと思います。

・現在の包茎の状態の説明
・どの手法で治すべきか
・簡単な料金説明

の3点でした。特に簡単な料金説明については、実際にかかる料金はこれだけです(40万円)としっかり説明してくれました。

具体的な対応内容について

実際に訪問した時の内容について具体的に書いてみたいと思います。

まずクリニックに到着すると、受付の方が対応してくれます。予約を入れている名前を告げると、すぐにソファーに案内されます。

少し待つと、カーテンの奥から名前が呼ばれたので、奥の先生がいる部屋に行きます。

先生「早速ですが、今の状態を確認して見ましょう。」

と告げられ、ズボンを脱ぎます。ちなみに、女性の看護師さんはいないので全然抵抗なくその場で脱いでしまってOkでした。好きな人は女性がいたほうがいいという人もいるかもしれませんが・・・

「仮性包茎の状態のようですね。」

と、先生によると私は一般的な仮性包茎でやや皮が長く、亀頭が露出しづらい体質とのことでした。とはいえ、仮性包茎なのは自分でも分かるので改まって言われるような話でもないのですが・・・

「なるほど、少し皮が長く蒸れやすいので、毎日のケアが重要ですね。比較的匂いもためやすいので、夏場は色々と大変かもしれませんね。」

と… その通りなんですよね、彼女にも夏場はシャワー浴びたあとでも、匂いが気になると結構言われてました。

「ケアが大変なので、その辺との兼ね合いで治療をするかどうか、決めるのが良いかと思いますよ。形的には一般的な仮性包茎よりも皮が多いですが、普通の方式で治療をすることはできますので」

と説明してくれます。とはいえ、アメリカ人の彼女から急かされている私には選択肢はありません。

先生は続けます。

「仮性包茎の場合は皮が長いだけで命に関わるものではないので特に処置されない方もいます。しかし、一般的には蒸れやすく臭いが出やすい、またカスが貯まりやすいので、不潔と言われたり、自分でそう感じられて処置をしようと考える人が多いようです。

因みに、いくつか処置の方法はあるのですが、何か検討していた手術などはございましたか?」

私「私は彼女から処置をするように言われてまして、見た目も綺麗に処置して欲しいです。あとは、手術中、後もあまり痛くないようにすることはできるんですかね」

「通常の手術でも見た目を綺麗に仕上げますが、特に綺麗にとなると、亀頭のすぐ下に傷口が来るようにする手術がありますね。これであれば、茎の途中にあるよりも、更に目立ちにくいので、更に自然な仕上がりになります。」

私 「ちなみに、普通の場合、その亀頭の下の場合と料金はどうなりますか?」

先生「普通の手術の場合、70,000円です。そこに先ほどの亀頭のすぐ下に処置跡が残る形式だと190,000円になります。ちなみに、縫合する際の糸を溶けるタイプにすると、抜歯の必要がなくなるのですが、その場合、30,000円追加となります。あとはヒアルロン酸ですかね。亀頭増大にもなりますし、早漏対策にもなりますよ」

先生「ちなみに、痛みについてですが、 手術時には麻酔をします。注射をする前に、スプレータイプの麻酔、特殊ジェルを使った冷却麻酔を施します。それから、注射をするので痛みを感じることは殆どないです。」

私 「ちなみに、手術後の痛みについてはどうですか?どんな対策をするのでしょうか?」

先生「手術後についてはしっかりと痛み止めを出しますが、傷口自体綺麗につけますので、治癒も早いです。転んだりして出来た傷はずっと痛いし、治りにくいですが、それとは逆だと思ってくだされば大丈夫だと思います。」

なるほど、手術のタイプにより値段が変わること、糸の種類、また痛みへの対策など納得できる回答がもらえました。でも

最後に、

先生 「ぜひ機会があればご協力させていただきますので、よく考えてみてくださいね。手術自体は、最近は一般的になってきていて、大きな手術というわけではありませんので、よく考えてみて当院にお任せするということであれば、ご連絡下さい」

私 「ご丁寧にありがとうございました」

かなり感じよく商売的な感じもない喋りなのですが、メニューの金額がバンバン上がっていくのに驚きました。7万円の基本料金はなんなのだろうと。

特に、即決迫られるかな、と思ったのによく調べて考えてから来てもいい、と言ってくれたので高圧的な感じはありませんでしたが、基本手術7万円だけの患者は要らないのかなとも感じました。

コメント