医療用接着材を使った切らない包茎手術を3万円の実際(切らない基準など)

仮性包茎治療ではメスによる手術は怖かったので「切らない包茎手術」を検討したのですが、5つ以上のクリニックで無料カウンセリングした結果、いくつか不安を感じたため、結局は実施しませんでした。

私が切らない包茎手術を検討したものの実施しなかったのは、下記の理由からです。

・切らなくても固定時に麻酔は必要
・完全に包茎が治る保証がない

ノーストクリニック、ABCクリニックなど「切らない包茎手術」のメニューはあっても、無料診断に行くと実際には実施できないと言われたり、実施しても治る保証がないと言われたことで、切らない包茎手術は断念しました。

切らない包茎手術は詐欺?

いくつかのクリニックで無料診断を受けた結果「切らない手術」実施の基準はクリニックにより異なり、一部のクリニックでは「切らない手術」は実施できないと断られました。

「包皮のあまりが多すぎて手で剥けても実施不可能」と「切らない手術」を断られたのが下記のクリニックでした。

・ヒルズタワークリニック
・ABCクリニック
・中央クリニック

「包皮のあまりに関係なく手で剥ければ実施可能」で「切らない手術」が可能との診断と見積もりを出してくれたのが下記です。

・ノーストクリニック
・本田クリニック
・スカイクリニック

上記のクリニックの中で一番料金的にも安く、術式の詳しい説明、アフターケアの流れなどは微妙で「ノーストクリニック」でも難しと感じました。

・術中の痛みはほぼ無かった?
・見た目、性感帯ともに問題なし?
・ホームページ通りの総額?

「切らない手術」で治るのかは実際に受けてみるまでは分からないので、100%意味がないとは言えませんが、私の場合は青汁ジュレで、結果的に安価で安心して終えることができました。

切らない手術とは?

「切らない手術」は、「切る手術」に比べて一般的な認知度が低いため、どういった手術なのか知らない人は多いはずです。

よくある疑問
・切る切らないの基準は何か?
・切らないのに包茎は治せるのか?
・本当に痛くないのか?
・費用はいくらかかるのか?
・どこのクリニックで実施しているのか?

そこで、このエントリでは、実際に包茎手術を受けた私の経験、無料診断の感想、手術を受けた感想についてまとめておきます。

特に、「切らない手術」をするべきか、「切る手術」をするべきか、の基準についても詳しく記載しておこうと思います。

切らない手術の方法

切らない手術とは、包皮(余っている皮)をペニスの根元に定着させる技法です。

まぶたの二重整形のように皮に癖付けをすることで、常に亀頭をすっぽりと覆っている包皮を、ペニスの根元に集めて定着させる方法です。

上記のように、包皮の固定が行われます。メスを使わないため痛みがないにも関わらず、治療が可能な点が特徴です。

ちなみに、包皮の固定の方法は、2つのパターンがあります。

切らない手術の種類
・糸で根元に固定
・医療用接着剤で固定

それぞれに特徴があるので下記にまとめます。

・包皮を糸で根元に固定

メリット:根元に寄せる力が強く、癖が付きやすく、中度の仮性包茎にも適用可能

デメリット:医療用接着材での固定よりも強力なため、スグに慣れるが固定がきつめ

固定がきついのは、その分、癖付けが上手く行っているということです。メスは全く用いず、糸で縛るように包皮を根本に集めます。術中の痛みはなく、引っ張られている感覚も殆ど気にならない程度とのことですが、麻酔は使うようです。

・包皮を医療用接着剤で固定

メリット:医療用接着剤での癖付けなので締め付け感が少ない

デメリット:軽度の仮性包茎にしか適用できない

糸も使わないため、つっぱり感もさらに少ないです。ただ、治療適用できるのは、相当な軽度の包茎のみです。実際に適用可能かは診断してもらう必要があります。

切る手術、切らない手術の基準は?

糸での固定、接着剤での固定のどちらを受けるることができるかは、仮性包茎の度合いによります。

そのため、実際に自分が受けることができるのかを確認するには、仮性包茎の状態を、クリニックで実施している無料診断などで事前にチェックしてもらう必要があります。

軽度なのか重度なのかに応じて、切らない手術の術式は決まってくるからです。

ステップ1:セルフチェック

自分でできる最低限のセルフチェックとしては、下記の1つの基準さえ満たせていれば実施が可能です。

切らない手術が実施できる基準
・仮性包茎である
・手で皮を剥くことはできる

皮と亀頭がくっついて最後まで剥けないということであれば、糸による固定での切らない手術でさえも実施することは残念ながらできません。

しかし、手で剥けるけれども、すぐに元に戻ってしまう程度の包茎であれば、切らない手術を実施することが可能のようです

ステップ2:クリニックでの無料診断

仮性包茎の状態の診断は、どのクリニックでも無料で診断してくれるとのこと。

しかし、切らない手術を希望しているのであれば、はじめから、「切らない手術」を実施しているクリニックで診断してもらってください。

私が無料診断を受けて切らない手術が実施できると診断があったクリニックが下記です。

※無料診断=手術ではないので、無料診断の結果を聞いてからゆっくり考えましょう

・東京ノーストクリニック

↓「切らない手術」は3万円で実施可能

また、他のクリニックだと、切らない手術がメニューにあっても、目立たたないように隠されていたりするのですが、東京ノーストクリニックの場合は、下記のようにしっかりと表記があります。

むしろ環状切開術、吸収糸の「切る手術」よりも、先に掲載されており、クリニック全体で、切らない手術を推奨している姿勢が伝わってきます。

私の場合、無料診断で実施可能と診断後、すぐに見積もりを作ってもらえたのですが、見積もりには色々なオプション提案があります。。

切る手術を検討するよりも、まずは自分の包茎が、切らない手術で治せるのか?、しっかりと診断してくれるクリニックで意見を貰うべきです。

切らない手術なら東京ノーストクリニック?

上記のように、「切らない手術」に注力しているのが東京ノーストクリニックのようです。

私が実際に5つのクリニックに無料診断に行った結果からも、注力していることが明らかでした。

切らない手術の見積もりを取ってくれたのは2クリニックだけ

切らない手術を実施しているクリニックの数自体は、大手クリニックで5つほどあります。

・スカイクリニック
・東京ノーストクリニック
・ヒルズタワークリニック
・本田ヒルズタワークリニック
・中央クリニック

ただ、残念ながらすべてのクリニックで切らない手術を積極的に進めてくるわけではありません。

ちなみに、費用は東京ノーストクリニックが3万円、スカイクリニックが10万円です。

切らない手術の値段
・医療用接着剤または糸で根元に固定:3万円(東京ノーストクリニック)
・糸で固定:10万円(スカイクリニック)

スカイクリニックの値段が高い理由

スカイクリニックのメニュー
・切る手術15万円
・切らない手術10万円

もしも、スカイクリニックの切らない手術が3万円だったら、切らない手術が有効とクリニック側でわかっていても、経営的には切らない手術を受けてほしくないはずです。

そのため、スカイクリニックは切る手術15万を前提に、予算を組んでいるはずなので、切らない手術も10万円であれば利益的に問題ないと判断しているのではないか、と思いました。

「切らない手術」ならノーストクリニックで間違いない

スカイクリニックの10万円というのが高すぎますね。

ただ、値段以外にもノーストのほうが優れていると感じたのは、切る手術においても誠実な料金、対応をしている点です。

ノーストクリニックで安心できると感じた点
・オプション勧誘をしない
・基本料金でクリニックで一番良い治療をしてくれる
・無駄な宣伝費を使わず患者に還元

このように、切らない手術については、クリニックごとに実施の基準が異なり、各クリニックの経営体制により、値段、内容、クリニック側のモチベーションも違います。

とはいえ、切らない手術を検討してみたいわけですから、折角なら無料診断を受けるクリニックも、切らない手術の治療実績も豊富で、安心できるところで検討してみるべきです。

ノーストクリニックは、全国31医院です。

初回診断は無料で行っているので、最寄りのクリニックで診断してもらったうえで、切らない手術が実施可能か聞いてみてください。

いきなり手術を実施することはせず、まずはどのような方法で包茎を治療するのか無料診断の結果を聞いて考えたほうがいいです。

切らない手術の無料診断を受けた感想について

私自身の仮性包茎は重度で、勃起時も殆ど皮を被っていました。そのため、中度と診断される可能性にかけて東京ノーストクリニックに無料診断に行っています。

診断の結果、中度から重度の仮性包茎なので、ぎりぎり糸による切らない手術を選択できるとのこと。

ただ、私の場合、彼女の指摘によって包茎治療を決意した経緯があり、念のため、彼女に仕上がり後のイメージを確認してもらいました。(無料診断時に、切らない手術実施後のペニスの状態を、自分のペニスを指で固定して再現し、写真を撮って彼女に見せました)

切らない手術の場合、皮が減るわけではないので、根元に皮が集まった状態になります。※気にならない人には気にならないと思います、私も気になりませんでした。日本人の包茎ではないペニスの状態に限りなく近いです。

結果的に、「切らない手術」を選択して、無駄な皮を切らずに治すことができて賢い判断なのかは疑問に感じます。

この切らない手術の話を、包茎に悩んでいた友人にしたところ、自分の包茎は軽度かもしれないということで、ノーストで切らない手術の無料診断に行きました。

状態としては、勃起時に半分ほど亀頭が包皮に隠れてしまう中度の仮性包茎でした。

実際にノーストクリニックにつき、無料診断をしてもらった結果、糸を使った治療が可能とのこと。

勃起時にも包皮が被っても、皮が柔らかければ、切らない手術も実施できるとのこと。つまり、皮の深さではなく、皮の柔らかさが左右するということです。なので、診断しないとできるかどうか分からないですね、とのこと。

友人はその場で処置はお願いすることはなく、帰ってきました。糸の使用のため、痛みはゼロとのことですが、本当か分かりません。
2週間後に再度来院して、状態を見てもらい、皮が根本に定着し、露出した亀頭が包皮による圧迫が無くなるのか、現在は既に青汁を利用した結果、少し大きくなり、皮の戻りも現在もないようです。

このように、クリニックにとっては、儲かりにくい切らない手術を実施しているクリニックを探すのは、非常に大変ですが、実際に誠実に営業している包茎専門クリニックであればしっかりと診断してくれます。

特に、切らない手術であっても無料診断を実施しているクリニックにまずは相談して、自分の包茎の状態を把握することが一番初めに取り組むべきことになります。

コメント

  1. Keijiro より:

    サイト参考にして、仮性包茎手術のクリニックを選んでいます。

    現在、切らない手術をメインに考えています。

    ノーストクリニックで、診断でokが出れば、手術を受けようと考えています。

    ただ、できればもう一件話を聞いて、ノーストで良かったと確信したいと思っています。

    管理人さんなら、どのクリニックを見ておくのが良いと思いますか?