仮性包茎手術の相場が10万円前後であるべき根拠とは?

包茎専門クリニックの公式ホームページで見ると、仮性包茎手術の費用は大体3万円~20万円と幅があります。

私は10万円で上野クリニックで仮性包茎手術を受けましたが、その際に参考にしたのが医師の友人から聞いた相場です。

医師の友人の説明によると保険適用される「真性包茎手術」の診療報酬は、だいたい10万円前後とのこと。

話によると包皮の癒着のない「仮性包茎手術」は「真性包茎手術」よりも難易度が低く、本来であれば10万円よりは安くなるべき手術とのことでした。

10万円を基準にした場合は、ABCクリニックの3万円プラン、ヒルズタワークリニックの20万円プランなどは明らかに高いと言えます。

保険適用外の仮性包茎の適正価格の求め方

環状切開法の手術を採用しているクリニックは10万円以下、亀頭直下法を採用しているクリニックは10万円以上の価格設定の場合が多いです。

ここでは、色々な価格設定がされている仮性包茎手術の相場が、7万円前後であるべき理由について説明していきます。

仮性包茎の治療は、保険適用外の治療のため、一般的な病院に行っても治療してもらえないケースが多いです。

もしも、保険適用外で全額自己負担を承知で、手術を受けたいとお願いしても、自由診療の手術は受け付けていない病院が多いです。

自由診療の手術は、医学的には健康とみなされる部位の手術であり、医者としては病気以外の部位の手術には積極的に関わりたくないためです。

保険適用の真性包茎の手術費用は?

一般的な病院では仮性包茎の手術は実施していないことが多いため、仮性包茎手術の相場が分からないように見えますが、保険適用できる真性包茎の手術費用と比較すれば、仮性包茎手術の適正な相場も見えてきます。

保険適用の真性包茎手術
・約2万円(30%負担)

全額自己負担の真性包茎手術
・約7万円(100%負担)

上記のように、保険適用時の真性包茎は大体2万円です。つまり、保険適用の30%負担で2万円なので、保険適用しない自由診療であれば7万円前後が、真性包茎手術の相場です。

仮性包茎手術は、真性包茎と同程度、または若干難易度は落ちる手術ですので、自由診療の仮性包茎手術で7万円以上の手術費というのは、相場以上の値段の手術だといえます。

包茎専門クリニックの料金体系の実態

しかし、実際に7万円で包茎手術が受けられると思っている人は、多くないのではないでしょうか?

理由としては、ネットで「包茎手術、体験」などと記載すると、何十万円も使って仮性包茎を治療して喜んでいる人のブログがあったり、そういった相場での仮性包茎を推奨するステマブログ、ステマサイトを知らずのうちに読んでしまっているからです。

知らずのうちに、仮性包茎手術といえば、数十万円かかるものだと洗脳されているということです。そして、私自身いくつか行ったクリニックでは基本料金での見積もりは絶対に作ろうとせず、オプションを追加した見積もりにされました。

悪い見積もりクリニックの内訳
・基本料金7万円
・吸収糸3万円
・ヒアルロン酸12万円
=合計22万円

ホームページで見た料金は、基本料金7万円だったのに、縫合糸が粗悪で抜歯の必要のあるナイロン製だったり、亀頭に炎症が起きているからとヒアルロン酸の注入をしたほうがいいなどとオプションを追加されました。

基本料金での手術で過不足のないクリニックを選ぶ重要性

上記のような悪徳なクリニックを避ける方法はあります。それは、各ホームページの料金体系をよく読むことです。

悪徳なクリニックは、基本料金内で満足な手術が受けられないような仕掛け(トラップ)を仕掛けています。例を挙げてお話しします。

基本料金の手術が環状切開法以外

包茎治療において、手術の方式によって値段が変わるというのは本来ありません。

理由としては、術式によって医師にとっての難易度はそれほど変わらないためです。手術時間も30分程度と変わりありません。

トラップの一例
・基本料金の手術が7万円から大きく乖離している
・縫合糸がナイロン糸で、追加料金で吸収糸
・亀頭直下法を推奨している

・基本料金の手術が7万円から大きく乖離している

相場の7万円よりも安い場合、そもそもその価格設定では健全なクリニック運営ができないはずです。

その場合、クリニック側で削減するコストは、医師への給与、術式の簡素化です。

しかし、実際にできるのはバイト医師の採用程度しかできないので現実的ではなく、実際は最安の基本料金を売りにして、オプション勧誘を行い単価アップを狙ってきます。追加でヒアルロン酸12万円などです。すると、合計金額は20万円近くになるはずです。

・縫合糸がナイロン糸で、追加料金で吸収糸

7万円前後の基本料金の設定で、環状切開法の手術でも、実は縫合糸が抜糸の必要なナイロン糸で、より痛みを少なくするために、体内に吸収される吸収糸をオプション追加させようとするクリニックがあります。

本来、縫合糸の原価はナイロン糸も吸収糸も同じです。つまり、最低でも無料オプションか、初めから吸収糸にしているクリニックのほうが良心的だと思いませんか?

・亀頭直下法を推奨している

亀頭直下法はツートンカラーにならない手術として、追加料金を取ったり、高額な手術費を設定しているクリニックが多いです。

しかし、亀頭直下法は内板という性感帯が多く集まる部位を切り取るため、感度が薄れたりする可能性のある手術です。リスクを承知の上で、患者がどうしてもというならば実施する手術であり、積極的に推奨するべき手術ではないはずです。

また、難易度が上がる手術でもないため、本来値段を上げる必要がありません。商売気の強いオプション勧誘の一つと言えます。

コメント