仮性包茎手術なら環状切開法が最も優れているのか?

仮性包茎治療にあたって、無料診断に行ったクリニックの殆どは「環状切開法」が基本手術の術式です。

一部のクリニックでは「亀頭直下法」が採用されていますが、内板(ピンク色の部分)を多く切除するので、性感帯が残るか不安な人は「環状切開法(環状切除法)」のクリニックを選択する傾向があるようです。

・内板の消失リスクを心配しなくていい
・仕上がりの歪みが少ない

ただクリニックによっては、無料カウンセリング時の勧誘が酷かったり、手術をお願いして大丈夫なのか感じることが多かったです。

※仮性包茎でも気にしない彼女との出会いについて

仮性包茎にコンプレックスを持っていた私ですが、手術を検討していた時に出会ったのが現在の彼女で、仮性包茎でも気にしないから手術は必要ないと言ってくれました。

女性との接点もなかった私が、彼女と出会ったのがマッチングサイトで、下記のPCMAXで現在の彼女に出会いました。

※初回1000円分は無料

彼女によると、実際に包茎を気にしているのは男性だけで、女性としては仮性包茎なら問題ないと感じるとのこと。

1年ほど付き合っていますが、今まで仮性包茎で悩んでいた自分がバカバカしく感じ、もっと早く動き出していればと感じています。

環状切開(切除)法で選ぶべきクリニックの特徴

下記のような人はABCクリニックを選ばないほうがいいと思います。

・亀頭増大、シリコンボールなど追加したい人
・すぐに包茎治療したい人

ABCクリニックはオプション勧誘などないので安心して受けられる一方で「増大」「シリコンボール」などの症例は少なく、あまり推奨していません。

また無料カウンセリングは問題ないのですが「手術の予約」は日程が埋まっていることが多く、無料カウンセリングに行ってすぐの手術はできません。

逆に「包茎治療だけ受けたい人」「時間をかけて手術をするか決めたい人」には、ABCクリニックは最適だと思います。

ABCクリニックは、無料カウンセリングを受けてからでないと手術の予約ができないので、不安点などあれば、まずは無料カウンセリングに行くのが良いと思います。

私が無料診断に行った下記の大手クリニックでも(実際に手術をしたのはABC)環状切開法が基本料金で受けられました。

・上野クリニック7万円
・ノーストクリニック7万円
・ABCクリニック7万円

「環状切開法」はデメリットとして「ツートンカラー」がありますが、私の場合は半年ほどで色が落ち着きました。

一方で「性感帯の多い内板を残してくれる」「切除部位が少なくて済む」点でメリットは大きく、私も「環状切開法」を選んで満足のいく結果となりました。

ABCクリニックを選んだのは下記の点で信頼できると感じたためです。

・ホームページ通りの見積もり総額
・術式についての丁寧な説明

また「運営歴」も15年近くと長いので、アフターケアも信頼できると感じました。

※事前に「無料カウンセリング」を受けて「包茎状態の確認」「見積もり」を貰ったうえで「実際に手術を受けるか」決めることをおススメします [/aside]

環状切開法を私が選んだ理由とは?

ABCクリニックに限らず、無料カウンセリングで行ったノーストクリニックでも「環状切開法」をおススメされました。私としても「環状切開法」に惹かれた理由としては下記があげられます。

・環状切開法は相場が7万円前後と安価
・内板(性感帯)を残せる点でもメリットがある
・デメリットであるツートンカラーは時間の経過とともに解消する

包茎手術には、ツートンカラーにならない「亀頭直下法」というのもあるのですが「環状切開法」では残してくれる「内板」を「亀頭直下法」では一部取ってしまうようなので「亀頭直下法」は「ややリスクが高い」と感じます。

ツートンカラーについては「環状切開法」実施して1年ほど経過しましたが、既に境目が分からなくなっているので、気にするレベルのものではないと思っています。

下記にて、クリニックで実施した「環状切開法」の感想について、もう少し詳しくまとめていますので参考までに。

裏筋を残す手作業の手術は環状切開法のみ

仮性包茎の術式には、大きく3種類あり、それぞれに特徴があります。

・クランプ式
・亀頭直下法
・環状切開法

クランプ式

包茎手術の中でも、最も簡単な術式で、アルバイト医師や臨時医師の多いクリニックで採用されているケースが多いようです。しかし、クランプ式では、コーン上の型を使って切除部位を機械的に切り取るため、場合によっては切除するべきでない箇所を切除してしまう可能性もあります。私は、臨時医師やアルバイト医師に手術をしてもらいたくないので、クランプ式での手術は受けたくないと思いました。

亀頭直下法

亀頭直下法は、亀頭の真下の裏筋周辺のピンク色の皮膚(内板と言います)を切除して縫合する手術方式です。手術跡が目立ちにくく、ツートンカラーも防げる手術方式という謳い文句で、包茎手術の相場である10万円以上の高額な値段設定である場合が多いです。包皮の内側のピンク色の皮膚(内板)には性感帯や神経が集まっているため、性感帯を失いたくない私は亀頭直下法は受けないことにしました。

環状切開法

環状切開法のメリットは、亀頭直下法で切除する性感帯の集中する内板を完全に残す点です。一方で、包皮の内側のピンク色の内板と、外側の肌色の外板の途中の部分を切除するので、肌色とピンク色のツートンカラーが気になるという人もいるようです。

実際に無料診断に行った際に、回復後の環状切開法を見せてもらったところ、色の違いはあまり気になりませんでしたし、また数か月後には内板が外気に触れて肌色に近づくため、環状切開法での手術を受けることにしました。

亀頭直下法を実施しているクリニックの思惑

最近のクリニックだと亀頭直下法と、環状切開法を採用しているクリニックで半分半分です。

亀頭直下法をクリニック側で採用するメリットとしては、患者のニーズに応えるということよりも、手術料金を高く設定できるということが大きいです。

環状切開法vs亀頭直下法相場
・環状切開法(7万円~10万円)
・亀頭直下法(10万円~15万円)

一般の病院では仮性包茎治療は受け付けていないところが多いですが、保険適用で真性包茎手術を実施する場合は、ほぼ100%環状切開法です。

亀頭直下法は、性感帯を失う可能性があるというデメリットがあり、クリニック側のリスクが高いと判断されることがあるためです。

また、環状切開法のデメリットと言われるツートンカラーについても、時間経過とともに、ピンク色の内板が肌色に変化していきます。

環状切開法はツートンカラーだから止めたほうがよい、亀頭直下法のほうが綺麗ですよ、というのは高額な亀頭直下法を勧めたいクリニック側の謳い文句だと思いました。

コメント