切らない手術を実施しているクリニックが少ない理由について

真性包茎の治療と違って、仮性包茎の治療の場合、亀頭と包皮に癒着がなければ、切らない手術による治療で完治する可能性があります。

しかし、実際は切らない手術でも治る可能性がある患者なのに、切る手術しかそのクリニックにないからと、切らない手術でも治ることを伝えない医者もいます。

ここでは、そもそもなぜ切らない手術を実施しているクリニックが少ない(全体の30%くらい)のか?切らない手術を勧めないクリニックが多い理由について説明します。

一言で切らない手術は儲からないから

切らない手術は、切る手術に比べて安価です。切る手術が術式にもよりますが7万円~15万円であるのに対して、切らない手術は平均して3万円程度です。

なぜ切らない手術の値段は安い?
・メスを用いないため
・縫合の必要がない
・痛くないので麻酔の必要がない

切らない手術が安い理由としては、上記のように切る手術に比べて手間がかからない手術だからです。そのため、3万円という安価で手術を実施できています。

切らない手術の儲けとは

切らない手術は、安価であるためにクリニックによっては儲けの小ささの経営の関係上、提供できないケースがあり、実施していないクリニックは大体それに当てはまります。

切らない手術を実施しているクリニック
・切る手術の基本料金が7万円前後
・広告宣伝費を使いすぎていない
・オプション商法を行っていない

切らない手術を実施できているクリニックは、切る手術と切らない手術の価格差が小さく(7万円と3万円)、治療時間などを考慮すると切る手術とあまり利益率は変わりません。

また、宣伝費用なども使い込んでいないので、無理なオプション(ヒアルロン酸、コラーゲンなど)を勧める必要もないので、無理なく患者に切らない手術を受けてもらうことができます。

切らない手術を実施していないクリニック
・切る手術の基本料金が15万円前後
・広告宣伝費を使っている
・オプション商法を行っている

切る手術と、切らない手術の価格差が大きすぎて(15万円と3万円)、切る手術を勧めたほうが儲けが大きいです。切らない手術に客が逃げてしまうのを恐れるため、初めから切らない手術をメニューに入れていません。

切らない手術を実施しているところほど信頼できると感じる

上記の理由から、切らない手術は仮性包茎治療においては、有効な治療法であるにもかかわらず、メニューに入れていないクリニックは避けるべきだと感じました。

逆に、切らない手術を勧めてくれるクリニックは、目先の利益に囚われずに、患者の利益を優先して治療してくれる誠実なクリニックだと判断できます。

切らない手術を実施しているクリニック一覧

切らない手術を実施しているクリニックは下記のように私が知る限りで、4社ありました。そして、私自身、実際に切らない手術が受けられるのか、無料診断に下記の4クリニックに無料診断に行きました。

訪問したクリニック
・東京ノーストクリニック
・ヒルズタワークリニック
・本田ヒルズタワークリニック
・スカイクリニック

結果、上記のうち2クリニックのみから、切らない手術が実施できるという診断を受けました。

同じ仮性包茎にもかかわらず、クリニックによっては実施できないと診断されたことは驚きでしたが、その拒否されたクリニックの基本料金を見れば切る手術を勧めるのは理解できました。

2社のうち、私が切らない手術を受けるならここだと感じたクリニックについて下記に記載しておりますので参考にしてください。

コメント