私が包茎治療を決意したきっかけについて

仮性包茎手術を、東京ノーストクリニックで受けた私ですが、ここでは包茎治療を決意したきっかけについてお話ししたいと思います。

まず、私は漠然と包茎にコンプレックスを感じていたわけではなくて、実際に彼女に包茎について下記のように指摘されたことがきっかけです。

彼女による私の包茎に対する指摘
・ペニスが臭い
・菌が繁殖して汚い
・セックスもしたくない

上記のように早めに改善してくれないかという指摘を何度も受けました。具体的には、一度でいいから病院に行ってほしいとのことでした。

ちなみに、彼女によるとアメリカ人は、幼少期に包茎手術を全員受けるそうです。そのため、成人になって包茎の人はほとんどおらず、ずるむけの人ばかりです。一方で、日本人は包茎の人が多いです。彼女としては、カルチャー的にも私の包茎を受け入れにくいことは理解できました。

彼女がどうしても包茎を受け入れられなかった理由

上記のように、彼女からは3つの点で指摘を受けています。簡単に言ってしまえば、下記のような点で私の包茎が受け入れられなかったということです。

彼女が包茎を受け入れられない理由
・ペニスの匂い
・雑菌による不妊の恐れ
・感度という点

包茎の場合、悩んでいるのが自分だけではなくてパートナーも同様に包茎による2次被害について悩んでいるケースが多いようです。

私の彼女の場合、アメリカ人であったこと、将来的な妊娠を望んでいたこと、包茎は性行為がしにくいことなどから大きな不満を持っていました。

・ペニスの匂い

包茎の場合、代表的な症状に、恥垢が包皮と亀頭の間に溜まってしまうことで、独特の腐ったにおいが生まれます。

この匂いは自覚症状が少なく、自分としては匂いが全然気にならなかったりします。私の場合もそうで、彼女に指摘されるまで全く意に介しませんでした。

彼女にある日、性行為の前に魚の腐ったにおいがすると、シャワーでの洗浄を再度命じられて以来、ペニスを石鹸で洗ったかどうか徹底的に聞かれるようになりました。

・雑菌による不妊の恐れ

医学的な根拠はありませんが、包茎のペニスは匂いの元となる雑菌、バクテリアが繁殖しているため、定期的に子宮内に入ると、子宮頸癌膣などを誘発するリスクが考えられます。

腐った卵を子宮内で割っているような状態を考えたら、わかりやすいと思います。

それくらい包茎のペニスには、雑菌が溜まっていて子宮内膜症、子宮頸がんなどのリスクを招く可能性があります。

・感度という点

子宮内での包茎というのは、皮がむけたり、被ったりと、亀頭がすべて露出している包茎ではないペニスに比べて、感度が悪いといわれています。

それは、男性側はもちろん、女性側も摩擦が大きく、子宮が傷ついてしまったと感じたり、不必要なトラブルを招く場合があるため、包茎のペニスへの不満の一つになるようです。私の彼女はそれに加えて、精神的に性行為をしたくないという状態にまで陥っていました。

私自身は別れたい口実なのか?とはじめは思いましたが、積極的にクリニックでの診断を進められたり、色々一生懸命調べてくれている様子を見て、診断に行ってみることを決意しています。

皮が多くて悩む私の状態

私の包茎の状態ですが、一般的に言うと仮性包茎です。通常時には、亀頭は全く見えずすっぽりと皮に覆われています。先端まで皮は完全にあまり、輪ゴムで結んで袋の端を留めるように、固定することも出来ました。

勃起しても亀頭は全て露出しません。半分くらいは皮を被っています。ちなみに、真性包茎ではないので剥こうとすれば、亀頭は全部露出します。

子供の頃から、他人は綺麗に亀頭が飛び出しているのに、なぜ自分のだけ何時までたっても皮が剥けないのか気にしてましたが、実際に彼女に指摘されるまでは、特に問題にはならないだろうと思っていました。

アメリカ人の彼女との出会い

現在の妻である彼女に会ってから、付き合い初めの時からずっと言われていたことがありました。

なんであなたのペニスは包茎なの?

その時、彼女に言われて知ったのですが、アメリカ人は子供の頃に包茎手術を受けるので、全員ズル剥けとのこと。

なので、私がなんで包茎のまま大人になってしまったのか、理解できないと言われてしまいました。包茎は不潔だから一度病院に行ってみたら、と結構強めに言われました。

今までは他人とちょっと違うな、程度にしか思ってなかったのですが、彼女に言われたのがショックで、そこから本格的に包茎の治療について考え始めました。

彼女曰く、始めてセックスした時から、かなり気になっていたが黙っていたそうです。形も少し違和感があるが、やはり清潔感がちょっと厳しいらしいです。カスが貯まってそうで汚らしいと言われました。

また、アメリカだと包茎は子宮頸がんなどの原因菌を引き起こすのが、包茎にたまったバクテリアだと考えられているようで、結婚するのであれば絶対に包茎を治療することは条件とのこと。

このような経緯があり、私は実際に包茎治療を開始することになったのです。ただ、包茎治療には色々な方法があり、どの方法が自分にベストなのか見極めるのが難しいのも事実です。下記に私が包茎をどのように治療したのかまとめておきました。参考にしていただけたら幸いです。

コメント

  1. オナニーをやめると包茎が治るのは本当ですか
    実際にその方法で成功した奴が増えていて
    自分も真剣に考えているところです
    ここ半年くらいで、何人か、仮性包茎の改善を知りました。
    かれらにいわれるとオナ禁+アルファの要素とか
    詳しくはなかなか教えてくれませんが、
    実際、見栄剥きではないレベルに来ていることは確認して
    かなり衝撃を受けています。