ペニス増大(亀頭増大)サプリメントの口コミと自分に合ったサプリメントの選び方

短小包茎を改善しようと「亀頭増大サプリメント」の利用を検討した私ですが、口コミ評判でお勧めされていた3つほどのサプリメント(ヘラクレス、ヴィトックスなど)を合計で1年利用しましたが、全く亀頭増大しませんでした。

増大サプリメントですが、長期間利用しても効果がなかったのは下記の理由からです。

・そもそも増大させる成分が入っていない
・訳の分からない成分ばかり配合

最終的には、自分に合ったサプリメントを見つけることができ、半年ほどの利用で効果を実感することができたのですが、サプリメント選びは初めだと非常に難しいものだと痛感しました。

※サプリメントによる亀頭増大対策

血行が悪いと亀頭に血液が回らず、勃起時の亀頭は小さいままです。

色々な亀頭増大サプリメントを試してダメだった私が、実践したのがバリテインで、体内の血行を良くすることで根本的に勃起力を高め、勃起時の亀頭を大きくすることを心がけました。

aojirujure
>>バリテイン公式サイト(1か月分、13,800円)

「シトルリン」「トンカットアリ」配合というだけでなく、国内製造なので安心して利用することができました。

利用中はなるべく寸止めして勃起させるようにしたり、膨らませる意識を強めたことで、合計で5か月間の利用で完了しました。

亀頭増大サプリメントは詐欺商品か?

包茎クリニックでの「亀頭増大」手術は「高額」「持続性が低い」ので実施せずに、代わりに検討したのが「亀頭増大サプリメント」でした。

亀頭増大手術が「50万円~100万円」「数か月で体内吸収される」のに対して、亀頭増大サプリは「1箱1万円程度(1か月分)」「根本的に改善」するため、4種類ほどのサプリメントを3か月~6か月ほど使用しました。

ただ、陰茎亀頭増大に効果の高い「ペニス増大(亀頭増大)サプリメント」は、種類が非常に多く、「本当に効果のある」「持続性の高い」サプリメントを見つけるのに苦労して、最終的には青汁を利用しました。

私が利用を検討したサプリメントとしては、

・バリテイン
・ゼノファーEX
・ベクノールEX
・グロウブレード
・極(きわみ)GOLD

など亀頭増大サプリメントで20種類以上ありましたが「値段」「成分」「持続性」を考慮した結果、一番評判の良かった「ヴィトックス」など使用しました。

ただ上述の通り、私には合わなかったのか、効果を実感できず、他の増大サプリメント含めて2年ほど利用しましたが、改善が見られませんでした。

その後、利用した青汁で、始めの1か月ほどの使用で増大効果が見られ始めて、3か月連続使用した結果、満足のいく増大を感じることができました。

もともと亀頭増大のために手術をしようと考えていたくらいなので「高い手術費用」を支払うことなく、継続的な増大を感じることができました。

亀頭増大サプリメントのデメリット

亀頭増大サプリメントの最大のデメリットは、値段の高さと効果の不確定要素が多いことです。

ちなみに青汁も、即効性が薄く、数日利用したくらいでは効果が感じられないことは手術と比較した時のデメリットです。

来月までには亀頭増大効果を感じておきたいなど、緊急性を求める場合は、全く役に立ちません。40代の私が利用した時も、3か月程度で満足できるまでに時間がかかりました。

もしもすぐに効果を感じたいのであれば、絶対に手術に頼らざるを得ません。費用も50万円~100万円。さらにヒアルロン酸、コラーゲンなどの注入を行うために麻酔を使用する必要もあります。

それでも亀頭増大手術で増大したいのであれば、クリニックでお願いしたほうが良いのですが、ある程度の時間が許すのであれば、一度増大すれば、体内吸収などを考慮しなくてよいので「亀頭増大サプリメント」を使用したほうが良いです。

口コミを見てみると、人気のペニス増大サプリには、こんな共通点がありました。

亀頭増大サプリメントの仕組み

・成長ホルモン分泌に役立つ栄養素を送り込む

・脳下の成長ホルモン分泌量を増やす

・男性ホルモンの分泌量を最大化

・勃起して成長ホルモンをペニスに作用させる

・新陳代謝力をアップさせる

・海綿体の細胞分裂を活性させる

また、実際に利用してみて、上記にプラスして重要なのが、下記の3つのポイントです。

・体への負担が少ないこと
・亀頭増大への効果
・サプリメントの費用

結局、上記の点についても「亀頭増大サプリメント」で改善するというのは、結論から言うと難しいのではと感じます。

本当におススメできるものでは、やはり青汁で自然成分の力のほうが信頼できると感じました。

成分を見る限りは買わないほうがよいと感じたものについてまとめてみました。

ペニス増大(亀頭増大)サプリメントの口コミ

ここでは成分的に分類しながら、検討したサプリメントを合計で10種類ほどピックアップしました。

調べてみて、成分的には買わないほうが良いと感じたサプリメントもまとめていますので、購入の際の参考になればと思います。

費用については、基本的に3か月分で見ていますが、基本的には1箱~5箱程度で買えるように調整されているので、予算に合わせてみてみるのがいいと思います。

バリテイン

baritein
100種類以上の成分をもつ純日本産ペニス増大サプリです。吸収性に徹底的にこだわった製法を採用しており、ペニスに適切に成分を送り込みます。

「バリテイン」は勃起力の強化、平常時のペニスの大きさ、勃起時のペニスの大きさにを強くする。ペニスのデカさ、強度にこだわった、「細胞組織増大理論」を根拠とするサプリメントです。

新陳代謝の活発化に注力した栄養成分が、100種類以上ブレンドされており、ソフトカプセルには発酵酵素エキスも含まれる。実質的には、200種に近い成分配合。以前までは最多成分だった「リゼノール100E」よりも多く、口コミでも実感した効果の声が最多。

増大トレーニングは不要。朝、昼、夜、各時間帯で、生理的な体のサイクルに合わせてサプリを調整している。

独自の増大理論「NEA理論」を用いて栄養吸収性を完全に重視した調合をしている。

>>バリテイン公式サイト

ネットで見かけた口コミでは、1か月目は特に変化はなかったが、2か月目以降で2cm、3cmと増大していき、最終的にはプラス5cmと体質にも合っていたのか、効果を実感することができたなどとありました。

カプセル式で飲みやすく、他人の目も気にならないので毎日継続できた。4か月目以降は、利用していなくても、亀頭増大効果は残っているので3ヵ月計画で使ってみるのがいいと思うなど、口コミ評価もありました。

ヴィトックスαエクストラエディション

100種類以上の成分、さらにシトルリン豊富なペニス増大サプリ。ただし、アメリカで人気の高いサプリであり、日本人での効果は人を選ぶといえる。

「ヴィトックスαエクストラエディション」は勃起力強化のみでなく、「細胞組織増大理論」に基づいて、通常時のペニス太さ、長さを改善するようにデザインされているものの、アメリカ人、日本人での違いを埋め切れていない。

もともとアメリカ人向けの製品であったため、アメリカ人の栄養学に基づいて、たんぱく質などアメリカ人が多量に摂取する栄養素を前提に作られている。

日本での人気が非常に高い血行促進、勃起成分である「L-シトルリン」も配合。

初回注文分は1箱+1箱とリーズナブルか?

リゼノール100E

rezenollバリテインよりは劣るが、100種類の成分をもつペニス増大サプリです。その分安いですが、勃起回復力、成分配合バランスもよく、日本人向け処方で2番目に人気です。

リゼノール100Eサプリメントは勃起力の強化だけではなく、平常時のペニスの大きさ、勃起時のペニスの大きさ。つまりペニスの大きさと強さにこだわった、増大系サプリメントとのこと

男性ホルモンを増加させるとともに、男性の体の新陳代謝を活発化させる栄養成分を100種類もブレンドしています。カバーできていない天然材料はないほど。勃起力をアップはお手の物らしい

動物性のアミノ酸成分も多数配合

細胞組織再生学に基づいて調合された男性用サプリメントでは史上最多の成分。リゼノールのカプセルで摂れない栄養素はありません。サプリメントなので、数時間では無理ですが、数回飲めば違いがわかってしまいますとのことですが、成分など見るとバリテインと比べて弱めなので、ネット上でも増大についてのポジティブな意見は少なかったです。

迷っているのであれば、リゼノールは使わないほうがいいと思っています。

バリテインとヴィトックスαエクストラエディションどちらが優れているか

亀頭増大を目指すなら、サプリメントだけでなく、青汁も純度が非常に重要になってきます。

バリテイン、ヴィトックスαエクストラエディションともに、含有成分は殆ど同じですが、バリテインのほうが日本人向けに再開発されており、ヴィトックスαエクストラエディションはアメリカのままです。

バリテインについては、3タイプに錠剤を分けてまで、組成を考えて作っているこだわりが強く、より最適化した効果が期待できます。特に、シトルリン、アルギニン、トナカイ角、すっぽんなど天然成分をしっかりと使っており、さらに必須のトンカットアリ、クラチャイダムも十分に使っています。

それに対して、ヴィトックスは基本成分のシトルリンにのみ注力しているので、それ以外が少し弱いと感じました。実際に使ってみても、バリテインは飲めば飲むほど、実感が強かったのですが、ヴィトックスは人工的なサプリメント感が最後まで強く、継続使用には至りませんでした。

ネット上を見ても、体の大きいアメリカ人にも引けを取らない男性の場合は、ある程度の効果があるようですが、日本人、特に30代、40代以降であれば価格もほぼ同じですし、バリテインを使用したほうが安定感、安心感は強いと言えます。

手術ではなく、どうして亀頭増大サプリメントを使うべきか

亀頭増大といえば、以前までは、クリニックでの手術(ヒアルロン酸注入、コラーゲン注入など)が一般的でした。

しかし、健康的な問題や、術後の痛み、皮膚の硬化など「問題点」があったのも事実です。そのため、ここ5年くらいで、亀頭増大サプリメントを利用する人が増えています。

亀頭増大のための手法の変化
以前:包茎クリニックなどで手術(ヒアルロン酸注入、コラーゲン注入)
現在:亀頭増大サプリメントを摂取する

ヒアルロン酸注入、コラーゲン注入

クリニックで、ブロック注射など麻酔をかけて、「ヒアルロン酸、コラーゲン」注入をします。亀頭すぐに効果は上げられますが、1回当たり、30万円~100万円かかるうえに、持続性に乏しく、かなりの短期間でメンテナンスが必要です。場合によっては、異物を亀頭に注入するため、感度が落ちたり、皮膚が固くなったりと修復が難しくなる可能性もあります。

亀頭増大サプリメント

1~3か月の継続使用で、根本的に亀頭増大するので持続性が高く、費用も月1万円前後と安いです。

そのため、多くの人に支持されるのは、「亀頭増大サプリメント」です。ヒアルロン酸、コラーゲン注入などは、色素沈着など、亀頭の色が変色するリスクもあり、近年では避けられる傾向があります。

あえてリスクをとって、注入による増大を目指す人は、最近は本当に減っているようです。

そんな人気になってきている「亀頭増大サプリメント」ですが、需要増に伴い、現在では何十種類もの「亀頭増大サプリメント」が販売されています。

基本的に、増大効果を狙えますが、せっかく購入するのであれば、「効果のある」「安全性の高い」「お得な」サプリメントを使いたいはずです。

このサイトでの評価の高い、「バリテイン」「リゼノール100E」を使っておけば、間違いないのですが、もしも自分でももっと知りたいと思われた方向けに「亀頭増大サプリメント」を選ぶ上で、重要なポイントを解説したいと思います。

亀頭(ペニス)増大のための人気サプリとは

成長ホルモンについては、年齢とともにドンドン減っていってしまいますが、それでも30代、40代、50代であろうが、体毛の成長は継続しますし、筋力トレーニングなどをすれば細胞は成長して、筋肉は増えます。30代を過ぎれば、成長ホルモン、筋細胞は減ってしまい、分泌量も減ってしまいますが、それでも0になることはありません。実際は、しっかりと適切な栄養成分を摂取することで増幅の余地は残されています。

栄養成分を補助するためには、成長ホルモン、男性ホルモン(テストステロン)が不可欠です。成長ホルモン、男性ホルモンは、二つが相互的に作用することによって、体内の新陳代謝が高まり、成長が進みます。増大というのは、こういったテストステロン、成長ホルモンをペニスの方向に回して、本当に重要な栄養素・サプリメントを流し込むことです。

男性ホルモンと密接に関わることで、ペニス増大のための、海綿体細胞の増殖がスタートすると言えます。科学的に裏付ける研究といえば、アメリカの「細胞組織再生学」と言っても過言ではなく、ドイツにおいては「WAZ療法」だと言われています。その点でいえば、細胞組織再生学を考慮してデザインされている増大サプリというのが一般的です。

アメリカの「細胞組織再生学」を念頭において開発されたサプリといえば、多成分であるという最大の特徴があります。そして、ここでは、基本的に「細胞組織再生学」を考慮した成分配合のある、増大サプリがやはり人気が高かったです。

とはいえ、勃起力回復、男性精力回復のためには、新陳代謝の向上は必須であり、体調の改善にも良いといわれています。そのため、「ペニス増大」だけでなく、色々な点でもよい影響を確認できるのではないでしょうか。

改めてではありますが、ペニス増大のためには、増大サプリメントを使い始めたら、1週間、可能であれば2週間くらいはオナニーの我慢が必要だと言われています。せっかく送り込んだ栄養を、海綿体細胞の成長を待つ前に、排出してしまうなんて勿体ないからです。

フルで勃起すれば、その分、シナプスに伝わり、脳神経がペニスの大きさをリカバーしようとします。その一連の流れが重要なんです。テストステロン、成長ホルモンの行先は、必ずペニス、亀頭にすること。サプリメントの栄養素をしっかりと伝道させるべきです。

ペニス増大サプリは上質な男性精力サプリに限る

ペニス増大サプリであれば、なんでもよいのかというとそうではありません。成長ホルモン、テストステロン、男性ホルモンの生産性、能力、分泌をアップさせて、重要なペニス部位である陰茎への作用体制を整えます。

はっきり言ってしまうと、勃起不全回復サプリメントが最強だと思われていると思いますが、そうではなく、ペニス増大サプリが最も上質な成分だといえます。逆に言えば、亀頭増大サプリメントというのは、増大だけでなく、勃起不全回復、精力回復としても非常に有用であるといえます。

よく天然成分が一番という話を聞きますが、それは当然、いかに天然成分を上質な形で抽出しているか、というのが肝です。

1位:ペニス増大サプリ
2位:勃起不全回復サプリ
3位:マカサプリ・高麗人参・カンカサプリ

ED薬に頼るのは、絶対にお勧めできません。というのも、自然界にこういった優秀な成分があるのに、使わないのは勿体ないからです。あえてリスクを取りに行く必要性も全く感じません。ここでの口コミ、評価というものが少しでも皆さんの役に立てばと思います。
下記のサプリメントについては、ネット上でも色々と購入してから不満を感じた人が多いようで、ネガティブな口コミが多かったです。

一部のサイトでは凄い商品です、増大したなどと書いてあることがありますが、詐欺ではないものの、成分的には余り期待できなそうな内容になっているので、無理して試してみる必要は絶対にないです。

ゼファルリン

「成長ホルモン分泌増大効果」など60種類以上もの成分を配合しているのですが、基本的には、ヴィトックス同様に、シトルリンに注力しているサプリメントです。トリプトファンなども配合されていますが、バリテインほどには配合が練りこまれておらず、13,800円と値段の割には微妙な印象です。

シトルリンの濃度は強めなので、血行改善、勃起力回復を一緒にやりたい人、海綿体細胞の増殖で増大してみたい人、すっぽんなど一通りの天然系の滋養強壮成分で「細胞組織再生学」的にプッシュアップしたい人向けです。全体来な成分は強くないので、60代、70代の方には人気のようです。

これを買うのであれば、間違いなくバリテインを使ったほうが、性力増強、亀頭増大には期待できると言えます。国内産の亀頭増大サプリメントはそれほど多くないので、国内オンリーで行きたいという方には、使い道があるかもしれませんが。

シトルリン、トリプトファンについては、ゼファルリンだけに含まれているというわけでもないです。

また、良く分からないのが中国3000年の歴史に基づく、漢方成分配合といったようなものですが、こちらも何の根拠もない非科学的な売り文句ですし、海綿体の増殖、成長ホルモンの運搬などもゼファルリンでは期待できないのではと感じました。

ゼノファーEX(候補外)

テレビ通販でも紹介されていたり、知名度は高い新世代医療サプリ「ゼノファーEX」ですが、宣伝広告費に費用を使いすぎているのか、そこまで特筆するべき成分はありません。

植物性、動物性の材料をベースに、増大のために最低限の設計はされていますが、劇的改善するのはやや荷が重いです。高級動植物、天然材料をメインにして、タブレット3粒を飲むだけなので、続けやすくはあります。ただ、「トンカットアリ、マカ、高麗人参」「すっぽん」「コブラエキス」「オットセイ」などは、バリテイン同様の配合とはいえ、別カプセルで作っているバリテインほどには成分設計されておらず、そこまで期待できるものはありません。

高級天然成分、すっぽん、高麗ニンジンというのは、物理的には亀頭増大に与える効果と言うのは、無い等しいと言えますし、テレビでCMをやるのにあたって、何らかの検証が入らなかったのか非常に不思議に感じました。

天然成分も20種類とありますが、この値段で買える増大サプリメントには、もっと成分数が多いだけでなく、それぞれの強さが期待できるものも大いにあることを考えれば、ゼノファーZを買ったほうがいいかと言うと、私としては全然勧められない、個人的にも購入は躊躇しました。

極(きわみ)GOLD(候補外)

基本成分である「シトルリン、アルギニン、トリプトファン」に加えて、尿素回路の構成要素である「オルニチン」を採用しています。全部で29種類とトップ増大サプリメントに比べると少ないので、強さはかなり控えめです。そのため、高齢者にとっては扱いやすいのですが、40代、50代でまだこれからであれば、バリテインなどのしっかりとした成分のサプリメントを利用したほうが良いです。

亜鉛酵母、カキエキスなど亜鉛を大量に含んでいるが、亜鉛についてはそこまで増大には関係ないので、プラス要素ではありません。亜鉛だけ必要であれば、DHCのサプリメントなどでも摂取できますし、ここまで高級なサプリメントを買う必要はありません。

基本成分の、「アルギニン、シトルリン、マカ」はありますが、クラチャイダムはあまり重視されておらず、微妙です。亜鉛をいくら配合してもあまり意味はないので、使用は個人的にはお勧めできません。天然成分を使う点については、ある程度は気にしているので、極(きわみ)GOLDはそのくらいしか評価点がないです。

ベクノールEX(候補外)

亀頭増大サプリの特徴である「GHリリーザー」を活用した成長ホルモン、男性ホルモン、テストステロンの流し込みについては、上手く設計されていますが、配合成分は非常に凡庸で、「アミノ酸群、ミネラル系、ビタミンB、ビタミンC」など自然は成分のみになっています。

そのため、植物油に少しだけ含まれていて摂取するのが大変な「オクタコサノール」などテストステロン分泌系成分を多く配合していても、活用できていません。バリテインの下位互換サプリメントだと考えて問題ありません。

もう一つ、あまり聞いたこともない「フランス海岸松樹皮」など、奇をてらった成分も含まれており、育毛剤?と思わせるような「抗酸化成分」だけでなく、「アンチエイジング成分」に注力しており、若干何をしたいのか掴みにくいサプリメントです。

亀頭増大手術の危険性について

最後に、亀頭増大手をクリニックで受ける場合に、覚悟しておいたほうが良いポイントについて説明しておきます。まず亀頭増大手術で使用される注入成分について見ていきます。

亀頭増大手術で注入される成分
・バイオアルカミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・レディエッセ
・アクアミド

それぞれに共通しているのが、費用の高さ、持続性の低さです。基本的に、施術後、数週間で亀頭増大効果は薄れると言われており、定期的なメンテナンスが必要になってしまう傾向があります。

30万円~100万円という相場を見ればわかりますが、1回のみお試しで注入するということも費用面を考えると難しく、あまり一般的な亀頭増大方法ではありません。

亀頭硬化、感度低下、炎症など後遺症を発症する可能性も否定できず、相当な覚悟をもって取り組む必要があると考えられます。私自身も、口コミなどを見て、定期的に通院している様子、合計費用、痛みなどを考慮して、手術を実施する気にはなれませんでした。

その点でも、一度増大すれば「持続性の高い」サプリメントが一般的なのも納得できるのではないでしょうか。体への負担が少ないこと、後遺症の心配がない、自分のペースで続けられる、痛みがないなどの点などからサプリメントを使用するのは当然の流れであり、問題はどちらかと言うと、どのサプリメントを使用するのかという点だと考えられます。

ただ、サプリメントについては、事例の少ない増大手術と異なり、口コミ、評価、体験談などが多いので、客観的にサプリメントの情報を知ることができます。以前まではインターネットもなく情報共有も乏しかったのですが、今であれば自分にあったサプリメントも探しやすい環境があります。

その点で、バリテインは返金保証もあり、販売元もしっかりとしているので試しやすい環境はあるので、悩んでいてなかなか進めないということであれば利用してみるのがいいと思います。

コメント

  1. 匿名 より:

    バリテイン3か月分購入して、現在2か月目です。増大を感じられないのですが、どのくらい利用しましたか?