私が1万円課金しても出会えなかったマッチングサイトまとめ

todadeai
YYCなど大手マッチングサイト5社を使った私ですが、総額で1万円課金したものの、実際に女性と出会うことはできませんでした。

1万円課金して分かったのは、下記のような出会い系サイトでは「出会えない」ということです。

・サクラしかいないサイト
・業者が多いサイト

純粋な出会い目的で利用している女性が少ないサイトでは、いくら課金しても無駄で、逆に実際に出会えたサイトでは課金しなくても「無料ポイント」のみでマッチングできました。

※純粋な出会いを求めている女性が多かったサイト

ミクシィ運営のYYCなど大手出会い系サイトは5つ以上利用しましたが、大手でも女性が少ないサイトでは出会えませんでした。

その後「純粋な出会いを求めている女性が多い」「サクラのいない」サイトとして利用したのがPCMAXで、現在の彼女と出会うことになりました。

PCMAX
>>PMCAX公式サイト(無料登録1分)

※メール1通50円のみ

登録後すぐ「どんな女性が多いのか」確認できるだけでなく、初回登録の特典で500円分の無料ポイントが貰えるため、無駄な出費をせずにマッチングできました。

「ペアーズ」「YYC」など他サイトと比べても、反応の良い女性が多いので、マッチングしやすいのではと感じました。

マッチングサイト利用の経緯など

職場、友人関係でも女性との出会いがなかった私が利用した「出会い系サイト」ですが、全部で10サイトほど使ったものの、実際に女性に出会えたのは2サイトのみでした。

それ以外の8サイトは、10,000円課金したものの全く出会えなかったのは下記の理由からです。

・サクラばかりでマッチングしても音信不通になる
・業者からは別サイトに誘導させられ会えない

出会えなかったサイトは、いくら課金しても、登録されている女性が騙して金儲けをしている業者かサクラなので、絶対に出会えないと感じました。

出会えないサクラと業者ばかりの出会い系詐欺サイトについて

まず、結論からいうと「ハッピーメール」「ワクワクメール」「イククル」「ASOBO」「Jメール」「ラブサーチ」「メルパラ」「華の会メール」「デジカフェ」については、全く出会えませんでした。

それぞれ初回についてくる無料ポイント(殆ど1000円分くらい)を利用して、連絡を取ったり、掲示板に書き込みをしたりしても、確かに女性から連絡は来るのですが、その後、追加で課金して連絡を取ると、途中で相手が退会済みになっていたりして、音信不通になり、実際に出会えないことが続きました。

結局、合計で9サイトに対して9,000円近く課金したのですが、実際に会えた女性はゼロでした。

この経験から、ネット上でも一部では口コミとして「サクラ、業者だらけの詐欺サイトは存在する」という件は、本当だと感じました。

詐欺サイトの特徴としては、下記の6点で当てはまっていると、全く出会えない課金させることだけを目的とした詐欺サイトだと認定できると思います。

・女性向けの媒体で募集できていない
・女性から他サイトへの誘導がある
・やたらとステマ記事が多い
・女性がすぐに退会済みになる

無料会員登録をして上記のような内容で、一致する部分があるのであれば、そのサイトは出会い系サイトとしては失格の詐欺サイトだと考えたほうがいいです。

そういったサイトでは1000円課金しようが、1万円課金しようが、10万円課金しようが、絶対に出会えないので、覚悟したほうがいいです。

ミントC!Jメール

Jメールのステマ記事の特徴は、運営歴15年と長く、会員数も450万人、健全なポイント制の有料マッチングサイトで、普通の20代~30代女性の利用率が高いという点をアピールしていることが多いです。

実際に登録してみると、目立つのは一言だけ、物凄い短文でメールを送ってくる女性が非常に多く、この時点で若干のサクラ、業者臭がしてくると思います。

ただ、絶妙なのが女性会員のルックスをブス40%、普通50%、美人10%くらいの比率で混ぜてくるので、意外とサクラではない女性が多いのではないかと期待を持ってしまうことです。

私自身も、その点でもしかしたら出会えるかもと思い、4人の女性(ブス1人、普通3人)とマッチングして連絡を複数回とりました。

ただ、やはり5回程度のメール往復をすると、業者であれば別サイトで会話しよう、サクラであれば「どうでもいい質問をベースとした会話」ばかり繰り返してきて、全く出会うことができませんでした。

ワクワクメール

ステマ系の体験記字で多いのが、年齢層としては18歳~25歳と年下の女性が多いので、年下女性が好きな人向けで紹介されているワクワクメールですが、こちらもサイト誘導、退会による音信不通を連発されました。

ごくまれに完全にサクラ業者ではないと感じるような素人女性はいましたが、体感値としては2%前後で100人以上のプロフィールを見てみて、ようやく2人ほど素人女性なのではと感じられる女性を見つけられる程度です。

そうした女性には、男性側からも、かなりの数のアプローチがいっているので、返信連絡を貰うのは異常に難易度高く、必要とされるコミュニケーション力を含めて課金も万円単位で必要になってくると思います。

ワクワクメールは、2%の素人女性に100%の男性会員が全力でアタックする図式になっているので、札束勝負な一面も強く、そこで競り勝てるような男性であれば、出会い系サイトを利用しなくても、リアルでモテていると思いました。

コンプレックスから自信を持てず出会いに繋がらない日々

27歳まで年齢=彼女いない歴だった私ですが、このままだと一生童貞だと思い利用したのが、いわゆる出会い系サイトです。

そこで現在の彼女と出会ったのですが、8つほど出会い系サイトを利用して感じた「出会えない」サイトの特徴は下記です。

・サクラ、業者が多い
・女性会員が極端に少ない

8つのサイトで無料ポイント1000円+それぞれ1000円ずつ課金、登録したものの全く女性と出会えませんでした。

女性との接点も少ないまま、大学卒業後は、教育系の大学院に進み、そのまま大学職員という男ばかりの職場に就職しました。

29歳までプロとの経験以外は無かった私は、彼女ができたことも一度もありませんでした。

30歳になって、親からも本気で心配された私は、結婚相談所の利用を勧められました。勧められたのはオーネット、ツヴァイなど大手結婚相談所でした。

説明会にも行き、一番まともそうだったオーネットと契約した私ですが、利用を開始したものの女性会員の質に驚愕しました。

検索システムで出てくる女性は、バツイチ40代、肥満体、クリーチャーなど想像していた女性像とはかけ離れていました。

結婚相談所の問題点として、

・入会前に女性会員の詳細は見れない
・費用が高い(合計20万円くらい払っている)

結婚相談所としては一度入会させてしまえば、あとは女性会員が酷かろうが特に問題はないということです。

それでも半年間活動をしましたが、妥協しても交際するのは本当に難しいと感じるくらいマッチングすることはできませんでした。

出会い系サイトの存在意義と問題点

結婚相談所を退会後、無駄になった20万円を惜しむと同時に、結婚相談所だけに固執していた以前の考えを反省しました。

元々出会い系サイトには興味はあったのですが「危険」「詐欺」などイメージが強く、利用は躊躇していました。

ただ、結婚相談所を利用して20万円を失った私としては、利用料金もたかが知れているであろう出会い系サイトを利用せずに年を重ねてしまうのは何か心に引っかかるものがありました。

出会い系サイトでの挫折

このまま一生彼女ができないのではないかと感じた私は、思い切って出会い系サイトを利用しました。

2014年の冬です。

口コミ評価なども良く読んで、想定されるリスクを考慮したうえで、それなりに有名なマッチングサイトを複数利用しました。

ただ登録後すぐに出会い系サイトが「詐欺」「危険」と言われる理由が分かりました。

・すぐLineに誘導してくる業者がいる
・待ち合わせに行ったら写真と違うデブス

そもそもサイト内で、まともに会話になる女性が少なく、Line誘導してくる業者か、写メ詐欺しているデブスばかりでした。

ちなみに初めてデブスと遭遇した際は、待ち合わせ場所にそわそわしているデブスがこちらを見ているのを確認して逃げました。

マッチングサイトに私が期待していたのは「普通の女性」と出会いたい、できれば彼女が欲しいというだけのものだったのに、そう上手く行きませんでした。

全然出会えないマッチングサイトの特徴

自分が使ったのは、無料の出会い系サイトで、利用料金などはかからなかったのですが、上述の通り、ワンクリサイトに誘導する業者が多く安心して使えないものでした。

または写真偽装しているデブスが活動しているだけの出会い系もありました。

調べると無料マッチングサイトで同じような経験をしている人は多く、ワンクリック詐欺に誘導されて、300万円近く失った人もいるなど、かなり酷い現状があることが分かりました。

女性ファッション雑誌に掲載されている有料マッチングサイトは使える

そのまま無料マッチングサイトで「出会えない」まま諦めることはできたのですが、このまま女性との接点のないまま毎日を無意味に過ごすのも嫌だったこともあり、何とか普通の彼女ができる方法はないか「もう少しだけ」探してみることにしました。

私には姉がいるのですが、姉が買っていた「ファッション雑誌」にヒントがあるのではと読んでいたら下記のような特集を見つけました。

todadeai

マッチングサイトの特集だったのですが「ファッション雑誌」を読んでいるような「普通の女性」も使っていることが分かりました。

そこでも、完全無料のマッチングサイトではなく、ポイント制マッチングサイトが現在は主流ということだったので、これでダメなら諦めようと特集でおススメされていたマッチングサイトを使用してみることにしました。

有料マッチングサイトの現実

サイトに登録すると、完全無料のマッチングサイトとは違って、全く女性からメールは来ませんでした。

登録してすぐにメールが来るのがおかしな話だったわけですが、有料マッチングサイトでは自分で女性を検索してコンタクトを取る必要があるようでした。

女性会員を検索できるので「年齢」「利用目的」「身長」「居住地」など入力して見てみると、普通の見た目の女性が沢山出てきました。

「無料のマッチングサイト」での「業者臭いメール」を沢山送ってきた女性と比べると、このくらいなら行けるかもと思える感じの女性が多いです。

始めのメールは20回分が無料なので「現実的にいけそうな女性」に絞って、いいね!機能を送ってみました。

意外と返ってくる返信メール

それほど返事が返ってくるとは期待はしていませんでしたが、5人に送って3人からいいね!の返事があり、コンタクトメールで挨拶をしてみました。

メール20回無料内で会えれば上出来と思っていたのですが、やり取りする中で仲良くなった2人の女性に適当にデートに誘ってみたところOKを貰えました。

ちなみにサイト内でのメールからLINEなどのメッセージアプリに移行できるので、必ずLINEは入れておいたほうが良いです。

食事の予定などの話になればライン交換はすぐなので、その後の当日までは「ずっとラインで会話」していました。

デートでは普通にチェーン居酒屋に行って食事をして、その日はすぐに解散しました。

あまり会話を盛り上げられた自信はありませんでしたが、帰りに向こうから「楽しかったです。また食事したいです。」などとラインが来たので、タイミングとして合っているのか不明でしたが「来週もどうですか?」などと誘ったらOKでした。

後はタイミングだったと思うのですが、一人の女性と意気投合して、交際することになりました。

彼女も自分と同じで、男性との接点が少ない環境で、仕事場でも出会いが期待できなかったので、ファッション雑誌で見たマッチングサイトを使ったとのこと。

ファッション雑誌でおススメされていた「マッチングサイト」のうち、自分で使ってみてデートすることができたものだけまとめておきます。

有料マッチングサイトではありますが、メール1通50円程度で、かつ登録時には無料ポイントもあるので、それほどハードルを感じることなく利用開始できると思います。

※私の場合は、登録時に貰える無料ポイントが下記3サイトで合計2000円。ポイント購入は合計で1000円しました。合計3000円分のポイント(うち2000円分は無料ポイント)で6人の女性と実際にデートに行ったので、一人とマッチングするのにかかる費用としては約500円くらいだと想定して大丈夫だと思います。

コメント